私は絵筆を折った

元低収入自称イラストレーターがイラストレーター志望の方に現実を教えるブログです。

【基本給最低賃金割ってる!】ゲームが好きなだけの人はゲーム会社で採用されない!

実際専門2年の時、面接でCAPCOMではないですが、ロックマンXシリーズを作ってる会社の面接を受けたんですね。俗に言う下請けに会社です。

 

そこで求人票で見た代表作品にロックマンX8作ってたって書いてあったんでテンション上がりまくりだったわけです。

 

面接官と面接した時に、確か志望動機は聞かれなかったと思います。好きな作品は何ですか?ってうっすら聞かれたんですよね

 

私はロックマンXコマンドミッションっていうゲームが好きで、そのゲームを面接官に答えました。

 

ロックマンX コマンドミッション

ロックマンX コマンドミッション

 

 

今思えば確かにそうだなーと思う内容でもあるのですが、あの当時はロックマンXのゲームに憧れすぎてもうやばかったんです。その為の夢で間違いないレベルで関わりたかったんです。

 

しかし面接官の返事は

 

「そのゲームマップの機能がクソすぎて嫌いなんだよね〜」

 

とのこと。

 

当時まだ20歳で就職活動始めたばかりな上、あまり否定されることに慣れていない私には好きなものを否定されることはとても辛いものがありました。

 

まぁ今思えば相手はゲーム制作を仕事にしているので作業の一環でしかないのでこういう回答になっても仕方ないと思いますし、逆にここまで思い入れがありすぎると逆に会社でゲーム制作する際には邪魔になってしまうのかもしれません。

 

ゲームが好きなのはいいけど、会社は利益を追求する場なので業務とのギャップがあることを試す為にこんなことを言ってきたのかもしれません。

 

実際にフリーでソーシャルゲームのイラストや漫画のアシスタント業務の仕事をしていましたが、受けた業務の8割ほどが成人向けのイラストの案件ばかりで、私が描きたかったかっこいいイラストは納期の割に価格も安く受けることができませんでした。

 

絵柄にこだわりがあった当時の私には相当苦痛な仕事でした。

 

自分の絵柄に合わないイラストの仕事もしないといけないし、有名版権の仕事で絵柄を合わせないといけないのに自分の名前はクレジットに載せられない。著作権は安値で買取という案件もとても多かったです。

 

必死にデッサンをして、着彩の練習をして結果こんな辛い思いしながら仕事をするなら辞めて正解でした。最近は放置気味ですが、イラストACで無料でダウンロードできるようにしています。

 

まぁその会社の面接平成24年だったと思うんですが、当時東京の時給850円だったところ、基本給13万なので週40時間ベースで812円で採用活動をしていたようです。 流石に正社員採用でこれはひどい・・・

 

一応当時の東京の最低賃金法の表載せておきます。

https://jsite.mhlw.go.jp/tokyo-roudoukyoku/var/rev0/0115/2660/201391984858.pdf

 

 

 

まぁ制作実績出してる段階でもしかしたら特定されるかもだけど、社名は出しませんが今その会社東京の会社なのですが、基本給153600円で採用しているようなので相変わらず現在985円最賃

これからゲーム会社で働こうと思っている方は本当こういうの気をつけてくださいね・・・

 

「好きなことを仕事にするんだから安くてもいいでしょ?」

 

は本当にタチ悪いので本当に気をつけてください。この業界みなし残業とか本当多いし、ゲーム業界に限らず仕事を探す際は気をつけてくださいね。

 

じゃあの〜

 

指示書がまともじゃないのは業種問わず地雷

試用期間でパートクビになりそうだけど、正直職場がクソすぎてこっちから願い下げだよバーカ!!!

試用期間前に辞めてきたよ!!

 

って感じの一二三です。

 

ええ、前に入った職場がクソだったのですよ。ええ、まぁひどかった。

 

まぁそれに関連したお話で「指示書や仕様書がクソな仕事はもれなく地雷」

の話をしようと思います。

 

社名は伏せますが、広告代理店で少なくともデザインの仕事ではありません。

パート先の会社で修正しなければいけない文章関係の原稿の仕事がありまして、その修正をしてたんですね。

 

その修正の仕様書がまぁひどいんですよ。

 

元々私自身デザインやイラスト関係の出身なので、こういう修正の資料やニュアンスってかなり正確に伝わるように相手も気を使うんですね。場合によっては在宅で仕事されてる方もいるので。

言葉でわかりにくいなら絵で表現したり、近いイメージ画像を持ってきたりするんです。普通はね

 

なので本当びっくりしたんですが、指示が日本語ではないんですよ・・・(英語とかそういうのは出なくて何言ってるんだこいつ的な意味で)

 

場合によっては指示の内容を日本語に直してから修正箇所に修正してほしい言葉を原稿に落とし込む作業をしなければいけないんです。

その指示をしてくれる司令塔である営業さんがまともな指示してこない方が多く、私は疲労困憊でした。(数人まともな人もいますが、ほぼおかしい)

 

しかし周りの方がはなぜかそれを理解してるんですよ。なぜかわからないんですけどね・・・

あまり具体例を出すと特定されるかもしれないのでほどほどにしますが、ざっくり言うと、どうやらその職場では通じるニュアンスで書かれており、他社や他業界で仕事をする場合だとまともに通じない文面なんですよ本当に。

こんなクソみたいな指示書見たことないですもん本当に。他にも読める字を書いてくれないなど他にも原因があります。

(なぜか他のスタッフは解読できてる・・・しかも、何書いてるかわからないので聞くとたまに切れそうな対応されそうなことも)

 

文章を制作する側と指示を出してくる営業の方がいるんですが、そのせいで制作スタッフは大変な思いをしてるのですよ。まして私みたいな新人はね。

 

これデザインでもありましたが、変な仕様書って大体地雷だったのを覚えてます。

仕様書の段階でこの仕事は受けてはいけない!いうのがある程度わかるんですよね。あと相手ディレクターの受け答えとか特にそうですね。これがどうやら今の職場で似たようなことが起きてるのですよ。

 

あと個人的にあの会社の中の女の集団で仕事するのがものすごく苦手だったのですよ。

昔マックでバイトして働いてた頃は女の集団とはいえ、やっぱりいろんな年齢層の方がいますし割と男女混ざって色々話す機会が多くあったので結構楽だったのですが特定の年齢の女性ばかりで固まるあの会社の集団がとても苦手なのです。

 

「だったらマックで働けばいいじゃないか!」

 

と言われそうですが、マックって経験上、店舗ごとにかなり従業員の差が激しいのと低価格帯のお客さん相手にする商売はもうしたくないんですよね・・・ロクなのが居ないので。

 

話を戻しますが、そんなことが積み重なっていき試用期間内でやめることになりました。

 

雇われの仕事なので仕方なくやってましたが、正直これは無理でした。

最初は結婚が理由で都会へ引っ越してきたので新婚で子供の居ない主婦という立場で必死にパート探しをしていた為、とにかく仕事を捜さなければと考えてたのもあり自分の心に気が付きませんでした。

 

しかし、フルタイムで働いてるのに週2、3日ストレスによる腹痛と吐き気で倒れてしまうレベル

夫や親などいろんな方と相談したところ、その会社はおかしいぞということで夫もその会社辞めてくれと頼まれ、生活の為に働いてるとはいえ辞めてきました。

 

そんなこんなで私自身フリーランスで働く方がいいのかな〜なんて思って今在宅で受けてる案件をやっているところです。

 

じゃあの〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地方でゲーム業界に入りたいと考えてる方へ(特に女性へ)

私は昔ロックマンXシリーズに憧れてこのゲーム業界に一時期入ってたことがあります。

 

CAPCOMロックマンのゲームを作るのが夢でした。本当ですよ?!イラストを仕事にしたい人に対してこんなボロクソに書いてる私ですが、かつて私はこの業界で活躍したい!死ぬまで絵を描いて仕事したい!絵を描いて過ごすんだ!と考えていました。

 

その為に苦手なデッサンや絵の勉強をしましたとも。締め切りに耐えて専門学校に行きました。インターンも行きましたしね。

 

しかし私は元々愛媛に住んでおり、まして一人娘だったので夢は応援してくれてましたが結婚までは快く県外に出してくれない感じでした。

 

実際専門学校で3時間ほど説明会に参加し、私はとある東京にあるゲーム会社の下請けの正社員の面接を行いました。5年ほど前の話ですがこの当時びっくりしたのが提示されたお給料です。

 

今は流石にないと思いますが、基本給13万円という東京ではあり得ない給与だったのです。その面接官の真っ先に言われたのは

 

「今すぐ東京に行けますか?」

 

という言葉でした。

 

そうなんです、ゲーム業界だと大阪じゃダメなんです。東京に行けますか?なのです。

 

実際去年ゲーム業界の面接に行きましたが、ゲーム会社の就活は全部東京で行いました。

 

田舎の女性は特にそうですが、結婚までは一人暮らしさせない、都会は治安が心配だという親心もあったりしてなかなか地元から離れられない女性はかなり多いのではないでしょうか?

 

私の親も今の夫が居るから出してくれましたが、これが一人で就職だと反対したでしょう。まして2時間残業なら短い方!残業は当たり前、泊まり込みで仕事当たり前の男社会のゲーム業界では難しいと思います。

 

大手はかなり改善されてるとの話でしたが、体力のある男性でさえ30歳でゲーム業界を去る方が7、8割というかなり厳しい環境です。場合によってはその日にお風呂も入れないほど過酷な職場もあります。

 

今神奈川に住んでいるため実際思いますが、女性が一人暮らしで住むと考えるとかなり家賃が高くなる傾向があります。男性と一緒に住んでいると安い物件でも治安面でかなり安心です。実際一人で居る時と全く違う感じはします。安心感は実際にありますね。

 

田舎とは治安が違いすぎて女性一人だと電車で男性から嫌がらせされたことがあります。見た目的に抵抗しなさそうと判断されたんだと思います。本当に辛かったです。

 

もしあの時基本給13万の会社に採用されたとして、東京で一人暮らししてたらとてもじゃないですが仕送りなしで人間の生活ができるとは思えません。それは本当に思います。

 

男性と違い女性の場合だと生理用品代、場合によっては体のメンテナンス代でかなりかかると思うんですよ。普通の男性よりかなりかかりますよ女性の経費は。

 

もしこの手の業界に女性が一人暮らししていくのであればかなり条件のいいところを選ばないとまずいです。サイゲームズ とかそのレベルの企業でしょうかね?勿論正社員クラスです。

 

もしそこまでする自信がないならこの業界で働くよりよっぽど条件が良くて趣味でいくらでもゲームが作れる環境が今の時代にはあるのでそちらにシフトした方がいいと思います。

 

実際イラストを仕事にして苦しくなった側の人間なのでそれが分かります。

 

正直1都3県に生まれてきてそこで暮らしてるだけでアドバンテージなのは田舎から出てきてすごく思ったことですね。

 

もしこの業界を目指す方がこれを読んで参考になれば幸いです。

 

じゃあの

 

絵の勉強をする為に進学することについて

あくまで一意見として読んで下さると幸いです。

 

私は正直言って、イラストやグラフィックデザインで仕事するだけなら高卒でもいいんじゃないかと思ってます。

 

なぜかと言うと、この手の業界で活躍してる人って中学、高校の段階でゲーム業界(デザイン方面のみ)、デザイン業界に行けるいけないがはっきりわかるからです。あとは現場で学んだ方が効率いいですし、学歴だけ取っても実力ないと役に立たないからです。

 

一応ゲーム業界は大手は大卒、中堅あたりから現場では専門卒以上ってあるのでどうにもならんのですが...

 

ちなみにゲーム業界ほどデッサンがもすごく重要なので、ポートフォリオはアニメ絵っぽいの描くよりデッサン多めでポートフォリオの構成で見せに行く方がいいかもしれませんね。(経験談)

 

話を戻しますが、丁度Twitterで大卒ビジネスで学生が奨学金借りて返済できず苦しんでいると言う内容の記事を読んでて感じたことです。

 

ちなみに私のクラスに数人ほど高校、専門学校の奨学金を借りてる人が居ましたが、正直普通科に行って個人的にデザインの勉強した人の方が何かと現場では使えるんじゃないかと思ってるくらいです。

 

実際に専門学校にそういう方が多くて、どちらかと言うと授業より実践の方が多い方でした。その方は授業に出てるのは1年だけだでそれ以降はほぼ学校にはいなかったですね。居ても学校のロゴとか作ってたりしてました。

 

一部除いて高校で美術の勉強した人で専門学校行ってデザインの仕事してる人はあんま居ないイメージですね。実際現場でも高校は普通科みたいなところで高校2年から美大に行きたい人はデッサンをやってるみたいな感じの方が現場では多いように思えます。

 

あと専門学校によっては少子化の影響や知名度の無い学校だと定員割れしてるところも多く、「生徒紹介すると学費が安くなるキャンペーン!」みたいなことをしてるくらいなので必死なんでしょう。そんな学校もあるのです。

 

正直どこの某ハンバーガーチェーン店のバイトの友人紹介制度かな?と思うレベルでしたね。

 

あと前に記事にしましたが、美大は普通の大学よりも割高で実力のある人も富裕層ばかりでレベルの高い美大芸大に行ってるので正直年収400万クラスの人がいくようなところじゃないですね。行くなら年収800万以上、世帯所得1200万は無いと貯金がない限り奨学金でしょう。

 

正直そんな現状を私は見てきたのでこの業界に憧れがあるなら、他の業界で仕事しつつ副業レベルでやるのがオススメですね。上手くやればお小遣いにはなりますから。

 

じゃあの〜

 

結婚後、引っ越し先での異業種の事務職のパートに。デザインでつぶしが効かなかったときに切り抜けた方法

はい、タイトルのとおりです。

 

正直私は結婚後、デザインに関係する仕事に就こうと思い引越し後、8ヶ月ほど東京を中心に転職活動を行いました。

 

しかし、業種問わず既婚者女性の転職活動はすごく厳しいものです。20代で経歴があっても産む気もなくても会社からは妊娠出産を疑われるのでリスク人材とみなされ書類落ちザラでした。

 

とりあえず、ゲーム系だと派遣社員ですら難しすぎるので事務のパートに応募してみることにしてみました。8ヶ月の奮闘の末1社受かりました。その仕事は客先常駐の事務職の契約社員でしたが、田舎暮らしが長かった私には毎日の満員電車、通勤片道2時間という苦行には耐えられず足は血豆だらけ。私は1ヶ月でやめてしまいました。

 

そこでなるべく近い場所で探しました。そして異業種で転職活動をしてた時なら毎回聞かれるのが

 

「何故デザインからこの業界なのにここに就職しようとしたの?華やかそうで楽しそうなのになぁ」

 

という毎度の面接官からの質問。しかもこっちは既婚者女性という転職活動上では独身の方より不利な立場。

 

異業種ってだけで珍しがって更に私はフリーランスだったもので更に珍し買ったみたいで話を聞く割にもし良くても取らないよ的な匂いのする会社ばかりだったのを覚えてます。

 

その際私は相手のデザイン職に対するイメージを切り崩すことを優先しました。

 

私が今回合格したのが事務だったので事務職の人は前職の経験上、コツコツやっていく人を求めていると思ったのでまずデザインの仕事は皆が思っているより地味でかなりコツコツやっていること。そして1つの作品を作っていくのに他の部署との連携もかなり大事だということということを伝えました。

 

フォトショップイラストレーターいじってるのかExcelやwordいじってるかの違いで、やってる根本は一緒っていうこと。こうやってでも伝えないと華やかな業界を表面的にしか見れない大人は非常に多いです。

 

まさに事務職で必要な要素といえるでしょう。基本面接官は相手はイメージで勘違いしてることが多いと感じるのでこうやって相手にこの職についても大丈夫ですよっていう感じでやっていきました。とにかくつなげられる要素をつなげていくっていう感じですね。

 

あとあえてスーツで行きました。パートですが本当に会社に入るために私服で行かずにリクルートスーツで。真剣度が上がるかなと思い必死でした。

 

実際既婚者女性で面接してて良さげなところの判断基準として

 

・周りが和気あいあいしてる

・既婚者女性がどれくらいいるか

・ちゃんと休みも取りやすい

・勤務地が近い

・男女比が大体半々(既婚者の方がかなり多い)

・張り紙が別に飾ってるわけじゃないけど、何か可愛い

 

っていう感じですかね。

あくまでも前職の経験をどう活かすかっていうのが焦点ですね。悲観的にならずにその会社のために自分は何ができるかっていうのを汲み取りながら答えるとgood!

 

男性と違い、既婚者や結婚適齢期だと子供出来るだろうとパートでさえ受かるのが難しいのでとにかく理解のありそうなところを選ぶのは大事ですね。特に子供がまだだとすごく大変です・・・

 

もし男性の方でパートナーの女性がかなり苦戦している方も多いと思いますが、既婚者女性っていう立場なだけで能力がずば抜けていたとしても男性より圧倒的不利なのが今の日本なので、なかなか決まらなくても優しくしてあげてください。

 

参考になれば幸いです~

 

じゃの~

 

 

 

 

 

 

娯楽の業界は誰かの役に立つ業界で働くより大変

昔私は誰に言われたか、覚えていませんがこんなことを言われました。

 

「誰かを楽しませる仕事はとても辛い」

 

実際誰かを楽しませる業界って世の中では華やかな世界と言われるものが多いですね。

 

・Youtuber、芸能人、アーティスト、声優

イラストレーター、デザイナー、漫画家

・スポーツ選手

インフルエンサー、インスタグラマー

 

など、思いつく限りだとこんな感じでしょうか?

 

世間では華やかだとか業界に入ってたら羨ましいだとか言われる業界です。しかしこの手の業界は9割が寿命の短い職業であり、精神的にも苦しいことが多いです。

 

なんたってこの職業みんな人気が大事な商売なのですから。

 

この職業が悪いわけじゃないのです。この仕事の次のステップを考えられない人がダメなんですよ。末端のイラストレーターがディレクターになったりなど上位職になったり方向転換していくのが大事なんです。

 

この時代なので昔みたいにテレビや雑誌くらいしか媒体がない時代と違い、作品や本人の人気がなくなってしまうと人気の下落は一瞬です。特にネットの炎上は一般人でも起こりえる時代なので昔より難易度が上がってる気がします。

 

しかしそれでも人気があるのはその仕事に夢、名声、お金というものがあるからなんでしょうね。

 

こうやっておびき寄せて使い捨てるのがこの業界の特徴です。

 

デザインやイラスト声優の場合、専門学校ビジネスですね。

以前も書きましたが、専門学校は元々学校にいかなくてもできる奴が専門卒の学歴を買いにくる場所なんですよ。残りの生徒は言ってしまえばその数人や教師のための肥やしでしかないんです。少し前ですがYoutuber学校?プロゲーマー専門学校ってできましたよね。これも一緒ですよ。これに関しては学歴すら関係ないのに必要なんですかね?

 

こんな感じで夢を見せて食い物にしていく大人って結構近いところにいっぱいいるんですよ。最近だと少子化なので特に教育ビジネスする側は甘い言葉で生徒集めの為にいくらでも言ってきますんで。

 

正直こういうのが多いのが娯楽の業界なんですね。そして格差がすごいのもこの業界の特徴。年齢至上主義とも言える日本では歳をとって行くほどに方向転換が難しくなってくるのです。

 

目指してた20歳そこらの時と違い、田舎なら25歳、都会なら30歳も超えてきたら結婚も考える方も出てくるでしょうし男性なら特にある程度の経済力がなければ女性ともお付き合いできないでしょう。

結婚を考えたとき、女性は将来を考え夢のためにまともな収入ないのに定職もつかずアルバイトをしてる男性と結婚したい人なんてほぼほぼいないですし。

 

そんなわけで、正直人の役に立つ仕事というのは基本なくなりにくいですが、誰かを楽しませる仕事は続けるのが難しい上、感謝される程になる前に罵倒に耐えることも覚悟しないといけないので注意が必要です。特にデザインやゲーム業界こういうの多いですよ・・・離職率もやばいです。

 

35歳超えてゲーム業界やこういう娯楽の業界残ってるのってどれくらいいるんですかね?デザインスタジオの所長を25歳でしてる方もいらっしゃいましたし、私が知ってる限り経営者クラス以外は一人除いて10代、20代が多かったですよこの業界。

 

こういう業界で必要な要素って

・長時間働いても大丈夫な体力、精神力、メンタル

・伸びしろ

・若さ

 

ですね。つまりクラスチェンジしないと長く続けるのが困難なんですよ。それが無理なら一般的な企業で仕事した方が労働者としては楽ですね。

 

じゃあの~

 

 

 

 

 

 

イラストレーターは漫画家も兼任?

これはよくありますね。

 

イラストだけじゃ食べていけないのでイラストレーターは漫画も描けるようになりなさいって言う話は専門学校の時から言われていましたね。

 

実際表現の幅を広げておいた方が何かと仕事を受けやすいので便利です。以前の苦手かもしれないが、Illustratorも使えるようにしとけの記事に近いところありますね。

 

せっかくなのでその記事もどうぞ↓

 

hihumimakoto01.hatenadiary.jp

 

話を戻してタイトルの通りなのですが、実際私がイラストの案件の仕事をしている時、漫画案件のお誘いで男性向けのR18ものの漫画描かない?と言う話が来ました。

 

単価はモノクロの漫画1Pあたりの単価修正費込みで3000円。大体1話2、30ページほどの漫画を10話くらいの構成と言う感じでした。正直破格すぎる価格で印税の話もなしの買い切りです。

 

あの当時は漫画の依頼と言って成人向けとはいえ喜んでましたが、締め切りがきついかったのもあり受けませんでした。

 

作家によって成人向けNGなど制作の幅がそれぞれあるのですが、私の場合は成人向けの制作はNGに近く、線画のお手伝いか下塗りまでくらいでしたOKなのは。

 

ラフやがっつりの着彩作業は成人向けはNGでした。私はただ脱ぐだけの露骨なエロより色気の方が好きだったので。

 

確かに通常のイラストよりデッサン能力が劣っていてもエロなら見てくれる為、画力が低い人の登竜門的なところはあるんですが、一度R18のイラストや漫画の案件を受けるとかなりの割合で成人向けばかり依頼されるようになっちゃうんですよね。

 

私は正直カッコいいイラストや色気のあるイラストが好きだったので正直案件を受けるのが好きじゃなかったです。

 

漫画のベッドシーンの割合は7、8割で描いてくださいって言われて正直こう言うのをみんなが求めてるんだな...っと思った時、私が描きたいものを描きたいのに、描きたくないものをひたすら安値で描くのは嫌だなと思うのですよ。

 

これなら正直マックでレジ打ちしてる方がマシですね。

 

エロゲーの女の子の肌をひたすら塗ってたら心壊れてごみ収集の仕事してる人が居たとかいるくらいですから。

本当にずっと美少女の全裸を見ていたい、描きたいって方じゃないと成人向け案件はしんどいですね。私は無理でした。

 

漫画案件は別に成人向けだけではないですが、恐らくゲームのイラストを描かれてるフリーランスの方が依頼される漫画系案件の7割は男性向けのR18ものだと思います。残りは企業の宣伝漫画とかそんな感じでしょうかね

 

こんな現実があるのですが、イラストレーターを目指す皆さんはどうですか?

 

読み手ならそんなことないでしょうけど、実際に描くとなると締め切りに間に合わなければ四六時中男女の絡み絵をずーーーっと描かないといけない、正月もクリスマスも描かないといけないのですが描く側はおかしくなりますよ。本当に...

 

世の中の成人向けの広告の漫画って多分こう言う案件で受けた人の漫画だと思いますね。知ってるのもありましたし。

 

こんな仕事したくない!って方はフリーランスも含め仕事でイラストレーターになるのは絶対やめておいたほうがいいです。

 

ここ最近のゲームの傾向見てて思いますが、ゲーム関係のデザインの仕事をするなら女の子の裸をみんながエロく思える絵を描けるのがある意味スタートラインのところがあります。

 

正直男性ユーザーが多いこの業界ではそう言うものが求められるので仕方ないのかもしれませんが、これが現実なんです。

 

エロを描きたくないなら、成人向けタブーの超大手のゲーム会社に行くしかないですね。相当難しいですが。

 

底辺イラストレーターはデザイン系の仕事ができない限り、エロを描かないとお金にならない事が多いと思ってくださいね。

 

じゃあの〜